環境方針・環境メッセージ

環境方針

日本ストロー株式会社は、日々の生産活動及び製品開発において、環境関連法規制を順守し、「地球環境に配慮したものづくり」を目指します。

  • 環境関連法規制及び当社が同意するその他の環境配慮要求事項を順守します。
  • 生産設備及び生産方法の改善により、省エネルギー・省資源に努めます。
  • 環境対応素材ストローの開発に努めます。
  • 環境マネジメントシステムが有効であり続けるよう継続的改善に努めます。
  • この環境方針を全従業員に周知するとともに、社外の関係者に対しても公開します。

環境メッセージ

海洋汚染をきっかけとしたプラスチック製ストロー使用廃止の動きが国内外の外食チェーン・ホテルなどで広がっているほか、従来のストローより環境に優しいストローの需要が高まっております。
このような状況下、当社におきましては、環境への取り組みを積極的に推進しております。

具体的には、

1)CO2削減(カーボンニュートラル)を目的として、バイオストロー(製品例参照)の販売を推進します。

2)プラスチックゴミ削減を目的として、紙ストローの開発・製造を推進します。

3)最終的には、世界に認められる環境対応ストロー(海洋生分解性プラスチック製ストローなど)の開発・製造を目指します。

環境対応素材ストロー 製品例

バイオストロー®

特徴

バイオストローは、従来のストロー原料であるPP(ポリプロピレン)に、バイオマスプラスチック※の一種であるバイオPE(ポリエチレン)を配合したストローで、製品ライフサイクルにおける温室効果ガス(CO2)の排出量削減効果を有する、環境に優しいストローです。

(注) 日本バイオプラスチック協会の認証マーク 「BP」 が取得可能です。

<※バイオマスプラスチック>

植物などに由来する、再生可能な有機性資源(バイオマス)を主原料とするプラスチックです。バイオマスのもつカーボンニュートラル(下図参照)の特性により、焼却した場合でも大気中の CO2濃度の増減に影響を与えないという特徴があります。これにより、地球温暖化の防止や 化石資源への依存度低減にも、貢献することが期待されています。

<カーボンニュートラルのイメージ図>
<バイオPEの製造過程>